オープンシムとは

3D仮想空間サービス(メタバース)を代表するものとして「セカンドライフ」があげられますが、その仮想空間の環境と同等のものを自分で立ち上げて楽しむことができるサーバーソフトウェアがオープンソース版として配布されています。

OpenSimulator(以下シミュレータ)と呼ばれるもので、WindowsもしくはLinux上で起動できます。

シミュレータを起動しておくことで、ビューワを使用してサーバにアクセスし単独でサービスを楽しむことができます。

見た目や操作はセカンドライフと同等で、違うところと言えば基本的にすべて無料で自分の好きなように仮想空間を保有し操作できるところです。

このサーバーソフトウェアを使用してセカンドライフのような環境を作り出している3D仮想空間を総称してオープンシムと呼ばれています。

自分のPC内だけで楽しんでいるだけではコミュニティーの観点からは孤独な世界になってしまいます。

PC内で起動しているシミュレータを外部(ネット上)に公開することも可能です。そうなるとコミュニティーの世界は無限に広がることになります。

オープンシムの世界にはたくさんのグリッドサービスが存在しています。自分でサーバーを立ち上げて始めるのも結構ですが、まずは既存のグリッドサービスに登録して始めるのが簡単で手っ取り早いかなと思います。

オープンシムの世界の中では規模も大きく有名なグリッドサービスとしてOSGridなどがあります。

OSGrid以外にも様々なグリッドが存在し世界中にユーザーが存在します。

日本国内では日本語によるサポートが受けられるグリッドサービスがあります。おそらくオープンシムの世界で日本語でサポートされているのはここだけだと思います。

Japan Open Grid(通称JOG) https://www.jogrid.net/wi/

現在、私が主に活動している拠点がJOGになります。オープンシムに関する情報や知識はJOGを通じて得ているといっても過言ではありません。

現在JOGでアクティブに活動されている方々はセカンドライフにも精通していますので、広い視野を持って様々なノウハウを習得されている方が多いです。

もしオープンシムに興味があって始めてみたいと思われたなら、まずはJOGに登録してスタートすることをおすすめします。

 

( 次>> オープンシムを始めるにあたって )

IntroductionOpenSim, JOG, Simulator

Posted by Admin